世帯ごとにしてほしいです

pic01-73.jpg

銀行に預けたところで、金利はつきません。お金は使ったほうがいいのです。そんな考え方に変わりました。かといって、お年寄りのように、旅行もいかないのです。ただし、消費活動は激しいです。お金は使わないわけにはいかないのです。子供がいるということは、使わなくては、子供が成長できません。悲しいかな、子育て世帯は、逃れられない消費なのです。ここに、手当てしてほしいです。どうして、塾チケットを出してはくれないのでしょう。題しても、日本国中は腹を立てないと思います。しっかりとした、稼ぎと絵が生まれるのですから、安心です。それなのに、お金は次々と出ていき、貯蓄もできません。世帯ごとの年金にして、1家族の年金は一定にしてほしいです。これは、正社員非正規雇用の問題にもつながります。年金格差は、いいぷの差を拡大するのです。税金も入っているんですから、そこは、理解しないと。年金は保険と思って、払うしかありません。若者に至っては、まったくその通りです。年金の支給年齢を80歳となると、もらう人は少ないです。若者も、世帯ごとの年金に文句はないでしょう。だって、もともと、もらえないように変わってしまう人と、もらいすぎな人もいるのですから。